スポンサーリンク

【小室圭氏】宮内庁からも苦言!結婚へ向けてさらに後退。

皇室関連

皆様こんにちは。
おっくんの政治ブログでございます。

今回は小室圭氏へ宮内庁が苦言を呈している件についてお話ししていきます。
動画にしておりますので是非こちらもご覧下さい!

この問題について少し振り返ってみましょう。

まず4月8日に例の小室文書が発表されましたね。
その4日後、解決金を元婚約者の方へ払うと代理人を通じて表明されました。

そしてさらに4日後の4月16日、動きがありました。

元婚約者の反応

元婚約者が解決金の受け取りの拒否を主張しました。
こちらは週刊現代のインタビューにて本人が語っております。

元婚約者の方はこのように語っております。
『私はもう400万円の返金は求めていません。解決金を仮に提示されたのしても、受け取るつもりはありません。眞子様と圭くんの結婚は邪魔したくない』

少し矛盾と取れる発言でもありますが、彼の言いたいことはなんとなく分かる気がします。
400万円受け取ることでこの問題が終息したと思われても嫌なはずです。

小室氏の母の婚約者だった頃は、彼からすると将来の妻と子供になりますよね。
その二人が生活に困っていた為、善意で支援をしていたにも関わらず、小室文書で自分はかなりの悪者だという扱いをされたことは悔しくてたまらないと思います。

人の善意を踏みにじる小室氏は許すべきではありません。

さらに、元婚約者の方は現在70歳で再雇用契約で働いております。
家賃8万円の木造アパートで一人暮らしをしているのです。

決して裕福は生活をしているとは思えません。
お金に困っているという話もあります

この小室問題以前に、彼の生活の為にも早急に400万円を返済してあげてほしいと思います。
正直元本を返したところで根本的な問題解決にはなりません。元婚約者の方からしてもせめて一度、感謝の言葉と文書に対する謝罪をしてもらわないと納得出来ませんよね。

さて、今回の本題へ入っていきましょう。

宮内庁が小室氏へ激怒?

今宮内庁が小室氏に対して怒りを見せております

今までは、国民の小室氏への評価とは合間って宮内庁は擁護の立場を取ってきておりましたが、流石に今は彼に対して呆れ呆れ返っているようです。

宮内庁が彼に怒っているのは以下の二つの理由だと言われております。

1宮内庁へ解決金の相談が一切無かったこと
2天皇陛下へ謝罪の言葉が一切無かったこと

宮内庁へ解決金の相談が一切無かったこと

まず宮内庁への解決金の件を相談しなかった話についてお記し致します。

小室氏は4月12日、代理人の弁護士を通じて元婚約者の方へ解決金を支払う意向を表明されましたよね。
実はその旨、当日の朝まで宮内庁職員が知らなかったのです!

信じられないですよね、、、

恐らくですが、この解決金の件に対して事前に宮内庁へ相談をしていたら小室文書にも解決金支払いの意思がある点を記載するべきだと言われてしまうと思ったからだと推測できます。
彼の考えは、まず小室文書にて主観に基づいた状況を説明し、その後に解決金は支払いますよと段階的に国民へアピールしたかったのではないでしょうか。
結局は自分のエゴなんですよね。

それが裏目に出ているのは言うまでもないかと思いますが。

ここまで来たら自分達だけで解決出来ない規模の問題ですが、それを相談しないというのはちょっと考えられないですね。

これは正直小室氏の根本的な人間性に欠陥があると言わざるを得ませんね。

天皇陛下へ謝罪の言葉が一切無かったこと

続いて2点目の宮内庁激怒のポイントですが、天皇陛下が絡んできます。

今年の2月、天皇陛下のお誕生日の際に小室氏と眞子様の結婚について言及されております。
天皇陛下の当時のお言葉です。
『眞子内親王の結婚については、国民の間で様々な意見があることは私も承知しております。このことについては眞子内親王が御両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況になることを願っておりま

正直、陛下は小室氏に対して否定的な意見を持っているのではないかと個人的に思っておりますが、天皇陛下のお立場として強い否定など出来ないのです
そんな中、陛下にこの問題について言及をさせてしまっているのです。小室氏は天皇陛下へ余計なご負担をかけてしまっているのです。

小室文書の中で陛下へ謝罪の言葉が一つもありませんでしたね。
正直それが衝撃でした。自分の事しか考えていないので陛下へご負担をかけてしまっているという認識すらないのかもしれません。

この状況に対して、流石の宮内庁も小室氏に激怒していると某週刊誌に記載されておりました。

最後に

また一歩、眞子内親王殿下との結婚、そして国民の信頼を後退させてしまいましたね。
秋篠宮さまがこの件に対してどう思っておられるのかは分かりませんが、正直国民がこれだけ否定的な目線を小室氏へ浴びせている状況というのを今一度俯瞰して見ていただきたいと思いますね。

また、小室氏に於いてはこの金銭問題の他に問題が山積みという話があるかと思います。

特に親族の謎の不審死です。
彼の父親、祖父、祖母が自殺しており、さらに彼の母親に関わる人物2人が亡くなっているという話があるのです。

本当に掘れば掘るほど問題が出てきます。

彼に官房機密費が使われている噂もあります、、、

我々はこれらの問題に対して、事実に基づいて一つずつ言及して参ります!
次回の記事では彼の親族や関係者の不審死について取り上げさせて頂きます。

今回は以上となります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました