スポンサーリンク

KK破談か!?事実婚か!?どうする宮内庁!!

皇室関連

皆様こんにちは。
おっくんの政治ブログでございます。

今回はKKが事実婚をするのではないか!?という件についてお話ししていきます。
動画にしておりますので是非こちらもご覧下さい!

前回は小室圭氏へ宮内庁が身辺調査を始めるといった記事を書かせていただきました。
そんな中、新たな選択肢として”事実婚”の選択を小室氏が行う可能性があるという話が出てきました。今回はそちらについて解説していこうと思います。

事実婚が噂されるきっかけは?

彼らの事実婚の可能性が囁かれたのは竹田恒泰氏のこちらのツイートがきっかけとなります。

竹田恒泰氏が色々と考えていく中で、思いついてしまったのです。
本当に最悪な可能性として、彼らが事実婚を選択する可能性があるのでは?というツイートとなります。

リアルにあり得なくは無いような気がしますよね、、、

事実婚のリアルな可能性は?

結論現状では可能性が薄いと思いますが、秋篠宮さまのご意向、そして宮内庁によるかと思います。

実際事実婚は当人達からすると、かなりのメリットです。
事実婚というのは法的に結婚せずに夫婦関係にあるということですので、皇族でありながら結婚関係になれるということです。

つまり、皇費がKKへ流れ込んでいくことになる訳です。

これは皇室典範の穴をついていると言っていいでしょう。
女性皇族が事実婚をすることは、当然皇室典範の作られた明治時代には予想できなかったのです。

これに関しては皇室典範の改正が必要だと言わざるを得ませんよね。
「女性皇族が事実婚や内縁の関係に至った場合は皇籍離脱をする」この項目が必要なのです!

仮に小室氏と眞子さまが事実婚を考えていた場合、止めることができるのはやはり秋篠宮さま及び宮内庁です。
前回も記事にしておりますが、今小室家に対する身体検査を積極的に行なっておりますので、彼らを止めるのも宮内庁の身体検査の温度感がどこまでなのか?ということにもよるかと思います。
眞子さま結婚破談か!?小室氏に対する身辺調査を開始!

彼らの温度感次第では、この事実婚を食い止めて、そのまま破談へ持っていける可能性はあるのではないかと思います。

小室圭氏と眞子さまの今後

そんな渦中にある彼らの今後は4パターンに分かれるのでは無いかと思われます。

1.納采の儀を行なって結婚
2.納采の儀を行わずに結婚
3.事実婚
4.破談

こちらの4つのパターンのいずれかに該当するということは間違いないかと思いますが、まず納采の儀を行なって結婚というのは現状可能性は低いです。
元々彼らは10月頃に結婚するということが言われておりましたが、現状として宮内庁が納采の儀に向けた取り組みを一切行なっておりません。
通常、そのスケジュールであれば既に色々と準備が進んでいるはずですが、実情は今更小室氏の身体検査を行うと言っているくらいですので、このケースとなる可能性は非常に低いでしょう。

納采の儀を行わずに結婚というのも可能性としては低いのではないかと思います。
納采の儀を行わず、皇族が結婚するという前例はもちろんありません。
つまり、皇室に泥を塗ることとなります。伝統を大切にする皇室からすると、それらを踏襲せず、身勝手な理由で由緒ある儀式を行わないということは大変不名誉なことなのです。
これは上皇陛下、今上天皇へ泥を塗ることと等しい行為です。

正直このような背景があるため、この選択肢は排除されるのでは無いかと思います。

そうなってくると、やはり事実婚や破談の可能性が出てきます。
彼らが事実婚という方法に至った場合、国民は当然納得しないですし、周りの目も非常に冷たいものとなるのは目に見えています。
しかしながら、皇室典範上は認められてしまうことですので、強行突破で彼らがここへ向かっていく可能性は否定できません!

正直現状は秋篠宮さま、宮内庁に賭かっています。
彼らの身体検査への温度感、こちらが徹底したものであれば、小室家の闇を暴き、結婚破談へ持っていけるでしょう。

我々の秋篠宮さまへの願いとしては、眞子さまが本当に愛する娘なのであれば、破談へ持ち込むように彼女を上手く上手く誘導していっていただきたいと思います。

仮に事実婚が成立し、KKと眞子さまが生涯この関係を続けた場合、約16億円のお金が彼らへ流れ込むのです。
その出所は国民の血税です。決して許されません!!

彼らが破談へ向かっていくよう、我々は引き続き強く求めます!

今回は以上となります。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました