スポンサーリンク

小室圭 身柄拘束!? アメリカでの生活について解説

未分類

皆さん、こんにちは

おっくんの政治ブログでございます。

本日は小室圭氏がアメリカNY州で身柄を拘束された。

という記事について言及していきたいと思います。

この記事は、皇室を専門として取り上げている菊ノ紋ニュース

このサイトで取り上げられた記事が元となっています。

 

その記事の中では、皇室を専門とするジャーナリストが

NY週で実際に取材をした上で、身柄拘束の可能性について

書かれておりました。

 

こちら、結果から言うと嘘の内容である可能性が限りなく近いと思います。

 

まず、この菊ノ紋ニュースという記事サイト自体が

信用性がほとんどありません。

 

非常に過激な内容を独自の取材から得た情報を基に

書いておりますが、そのソースは怪しい物ばかりです。

 

この記事サイトの内容は話半分で見るのがいいでしょう。

 

では、なぜ今回この内容を取り上げたのかというと、

この憶測を作り出している、いくつかの正しい要素を

紐解いていくと小室圭の今後が見えて来るからです。

大学からの連絡に音信不通

小室氏は大学からの連絡が全くとれていなかったと言われております。

2021年5月23日にはフォーダム大学で卒業式が行われましたが、

なんと、小室圭氏はこの卒業式を欠席しているのです

 

アメリカでの卒業式は日本よりも特別な存在で全ての

卒業生が参加すると言われています。

 

そこに小室圭氏は欠席しており、卒業式当日には卒業生が発表する

メッセージ・写真付きのボードがあるのだが、小室圭氏のみ

何も記載されていないといった奇妙な形式となっている。

生徒からの目撃証言が一切ない

小室圭氏は「友達0人説」が唱えられている。

卒業生は小室氏を見たことが無いと話しており、

実際に小室氏を見たという人がほとんどいないのである。

 

小室氏はメディアから逃げるように生きているので、

外出も多くはなく隠れるように生活していたとも

言われている為、そもそもの外出が多くはなかったとも言えるかもしれません。

 

しかし、アメリカの大学においてしかも弁護士として

仕事をする上で大学時代の人間関係の構築は必須と言えるのです。

 

日本に比べて、遥かに訴訟社会の中で弁護士としての信頼を勝ち取る事が

いかに困難かはお分かり頂けると思います。

 

言語も異なれば、文化も違う環境で仕事を獲得していくことは

とても難易度が高いでしょうから、大学時代にこのような生活を

送っていた小室圭氏は成功する兆しはないと言えるでしょう。

最後に

小室圭氏は2021年7月に司法試験があり、

その試験を小室圭氏は受けると言われてますけれども

その試験に合格したとしても、アメリカで弁護士として活躍することは不可能です。

 

しかし、日本では眞子様との結婚問題があり国民からの信頼は皆無の状態で

アメリカに居続ける等ともいわれ始めております。

 

いずれにせよ、小室圭氏は日本の皇族へ泣きつく日が近いのではと思っております。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました