スポンサーリンク

【小室圭問題】明かされた紀子さまの思い

ニュース

みなさん、こんにちは

おっくんの政治ブログです。

 

本日は小室圭問題において、小室圭本人と眞子さまへ

向けた紀子さまの思いについて話していこうと思います。

今、アメリカにいる小室圭は徹底して雲隠れを続けていますが、

その中で紀子さまが眞子さまと小室圭との結婚について思いを吐露しました。

 

この吐露した内容はまさに母として、娘の幸せを願っての発言でした。

 

一貫して小室圭と決別を願うという、真っ当な思いを持たれていた事が

紀子さまの発言で見てきましたので解説していきたいと思います。

幼少期の眞子さまとは

眞子さまは秋篠宮家の長女として産まれました。

 

兄弟には妹の佳子さま・長男に悠仁さまがおりますが

三兄弟の長女として最も厳しく育てられたと母の紀子さまは話されております。

 

その為、必然と紀子さまの信頼は厚くなり厳しく育てられた事で

紀子さまと眞子さまの信頼関係はとても深いものとなっていきます。

 

そうして、眞子様の成長を見守っていた紀子さまですが、

眞子様が大学時代に今後大きく発展することとのなる小室圭を紹介されるのです。

始めて小室圭を紹介される

眞子さまが国際基督教大学(ICU)に在学中に初めて小室圭を紀子さまへ

紹介しました。

 

当時は愛情をこめて育ててきた眞子さまが連れてきた男性という事もあり

なんの疑念も抱かずに快く受け入れたと言われています。

 

そして、二人の幸せを願うと発言もされておりました。

金銭トラブル発覚

その4年後、2017年に眞子さまと小室圭との婚約が発表された割と初めの頃に

小室一家に潜む、金銭トラブルが発覚することになります。

 

当時は大きな問題となり、世間からも大きな反響がありました。

 

しかし、事実がどうなっているのかは未だ見えていない状況でしたので

紀子さまと秋篠宮さまは、眞子さまと小室圭をよく官邸に呼び出しては

状況の聞き取りを行っていたと語られています。

 

そのような、日々が続いていたのですが結果、聞き取りをすることによって

どんどの小室一家への不信感が募っていったと言われているのです。

 

紀子さまが最も気になっていた点は、

「金銭トラブルにおける小室一家の姿勢だった。」と話しています。

 

金銭の貸し借りは事実として受け入れるも、貸していた方がへの誠意

全く感じられなかったと話しているのです。

 

このようなやり取りを繰り返してきて、紀子さまは愛する長女の眞子さまの

結婚相手にはふさわしくないと心から思うようになっていくのです。

フォーダム大学へ通達を出す

そして2018年にフォーダム大学へ小室圭が入学することになりますが

ある出来事が起きるのです

入学が決まったフォーダム大学が小室圭の事を皇室女性のフィアンセとして

迎え入れたとホームページに発表していたのだ。

 

しかし、宮内庁が直々に通達を出してその記載はやめてくれと

大学側へ訴えたのである。

 

これは有名な話であるが、通達を出すように指示したのは

なんと、紀子さまであったのです。

 

それ程、紀子さまは小室圭の事を婚約相手として認めていな語ったという事です。

 

その後も紀子さまは、遠距離恋愛が続くことで二人の破談という事を

心の底から願っていたと言われているんですね。

現在とは

この、遠距離期間である3年間を紀子さまと眞子さまが近い存在で過ごして来た中で

深く、小室圭との結婚について話し合ってきました。

 

しかし、眞子さまの小室圭への想いは強いという事が判明してしまい、

紀子さまは眞子さまの気持ちが変わらないという事実を認識せざるを得なくなるのです。

 

そして、紀子さまは公の場で「私は娘を守れていませんね・・・」と

とても弱気な発言を吐露したと言われています。

 

いかがでしょうか。

母として、娘に幸せになってほしいと心から願う事は自然ですが、

眞子さまの気持ちが変わらない限り結婚という最悪の結果に

近づいていってしまうのではないでしょうか。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました