スポンサーリンク

東京五輪が開催した今、開催反対派の現在の主張とは? 蓮舫氏はダブルスタンダードか

五輪

皆様こんにちは。
おっくんの政治ブログでございます。

今回は東京五輪反対派の方達の現在の主張についてお記しします!
動画にしておりますのでこちらもご覧下さい。

東京五輪が始まり、日本が史上最多の金メダルを獲得するといった快挙を成し遂げました。
その勢いは衰えることを知らず、まだまだ記録を伸ばしております!

中でも7月25日にはスケートボードで堀米雄斗選手が金メダルを獲りました。
今まで日本人が中々踏み入れることのできなかった領域でトップを取ることができたのは本当に凄いとしか言いようがありません。

そういった状況下である今、五輪開催反対を唱えてきた人々の主張はどのようになっているのでしょうか?

先ほどの堀米選手について、ある人物がTwitterで呟きました。

蓮舫氏のつぶやき

立憲民主党の蓮舫氏は五輪開催に関しては断固反対の姿勢を貫いてきました。

菅総理が「五輪開催中止をするのは簡単で楽なことだが、アスリートのことを考えると、彼らのためにも五輪開催に挑戦するのが政府の役割だ」と主張した際、蓮舫氏は「勝手に挑戦しないでほしい」と強気な発言をしたのです。

実際彼女は五輪開会式当日にこのようなツイートをしています。

上記のように開催直前になっても反対の主張を続けてきたのです。

しかしながら、7月25日に衝撃のツイートをします。
それがこちらです。

このツイートをした時点で五輪開催に対して賛成派になったと言わざるを得ません。
アスリートのことを考えず、政府批判をしたいがために五輪開催に反対してきたこの人は、アスリートを応援する資格などありません。

意見が変わったのであれば、素直にそれを認め、自分は五輪開催賛成派です!とTwitterなどでしっかり表明してほしいものです。

しかし彼女は翌日、このダブルスタンダードの姿勢をフォロワーから指摘され、このように述べるのです。

このツイートから分かることは、彼女には申し訳ないが、”バカ”だということです。

ダブルスタンダードである自覚がないのです。
政府への批判とアスリートへの応援は別物?

笑わせないでほしいです。五輪の開催があってこそアスリートの応援ができるのです。
催に反対する者はアスリートに対して応援する資格など無いのです。

蓮舫氏の主張は、さすが立憲民主党の議員だなぁと関心させてくれました。

志位和夫氏のつぶやき

続いて、共産党の党首である志位和夫氏のツイートをご紹介させていただきます。
彼は彼で蓮舫氏とは違った面白いツイートをしておりました。

彼は、立憲民主党以上に東京五輪開催反対を主張し、政党として“五輪開催は悪”といったプロパガンダを続けておりました。

宇都宮健児氏と共に五輪反対に関する署名運動を行なっていたのは記憶に新しいと思います。

志位和夫氏の開会式当日のツイートをご紹介させていただきます。

開会式当日に中止をしろという主張をしております。

中止にできるわけがありませんよね?笑
出来るわけがない且つアスリートに大変失礼なことを、政党の主張として堂々と発言してしまうのは恥ずかしい行為です。

我々も五輪反対派の人がいるということは理解できます。
ただ、そのような人は五輪が始まってしまった後は静かにしてほしいわけです。

五輪が終わってから、開催してしまったことに対して批判したいことがあれば勝手に言えばいいのです。

始まってしまったものを途中から中止するべきといった非現実的な主張をすることは、五輪に前向きになっている人達に水を差す行為です。

共産党はこの主張で国民の信頼を得ることができると思っているので無能政党と言わざるを得ませんね。

さらに、志位和夫氏は7月25日にこのようなツイートをしております。

こちらは昭和大学病院の医療逼迫一歩手前の状況をツイートしております。

志位和夫氏は、五輪を中止にすれば医療逼迫が無くなると思っているのでしょうか?

本来、医療逼迫の状況を改善するために具体的にどのようなことをするべきかといったツイートをすることで国民の信頼を得ることができるのではないでしょうか?

コロナ感染と因果関係に関する科学的根拠が一切無い五輪開催を、種悪の根源かの如く批判していくことは間違っています。

結局彼らは五輪を政治利用し、東京五輪開催を決めた政府を批判することが目的なのです。
言わばくだらない印象操作です。

今回の志位和夫氏のツイートは、国民の信頼どころか、不信感を強く抱かせるものだったでしょう。

日本の野党はレベルが低すぎて不安になりますね、、、

東京五輪のあるべき姿

今回は野党を代表する2名の方のツイートをご紹介させていただきました。

いずれも本質を捉えない枝葉末節なものだったことは言うまでもありません。

我々は五輪が開催されて本当に良かったと思います。
オリンピックが開催され、日本人が活躍すると、日本全体が活気づき、元気になります。

もちろんコロナの感染対策をしっかりと厳格に行うことは言うまでもありません。

その中で、アスリートに全力で頑張っていただき、”コロナに打ち勝った日本”として世界へ発信していくことが東京五輪の本当の成功だと思います。

残り日数は少ないですが、アスリートの皆様には最後まで頑張ってほしいと思います!

さいごに

今回野党の方々の主張をご紹介しましたが、皆様ご存知の通り、日本の野党は終わっています。

10月に衆議院選挙が控えておりますが、与党の自民党は現状情けない政府というのが現実です。
そこに対して、野党が政権を取るために必死に頑張っていかなければならないのです。

その自覚があまりに無さすぎます。

現状の野党では政権を取ることは100年経っても無理でしょう。

与野党共にまともとは言えない人物が多い現状を見ると、日本の政治は腐っているといっても過言では無いでしょう。

実力と行動力を持ち、日本を本気で変えたい思っている優秀な政治家が、与野党問わず現れることに我々は心から期待しております。

今回は以上となります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました