スポンサーリンク

新型コロナによる医療崩壊はメディアが元凶!!

新型コロナ


皆さんこんにちは!おっくんの政治チャンネルブログを始めました!
今回は下記動画に基づいて記事を書きました!

 


由々しき問題なので是非ご覧いただけたらと思います!




今全国各地の病院で起こっている医療崩壊その本質的な原因はマスコミにあります!


それはなぜか?


結論を言うと新型コロナウイルスの感染症対策の予備費の5兆円をメディアが政府に使わせなかったのが一番の原因です。


この5兆円が使われていれば全国の基幹病院へ新たなコロナ専用病床が増床出来たわけです。

さらに逼迫する医療機関で働く医療従事者への給付金というのも与えることができたのです!



ただそれはマスコミによって政府が使えなかったのです!


実際この5兆円が使えなかった経緯、そしてそれが何故マスコミの責任なのかその経緯を記します!

そもそもですが、コロナ対策の予備費含めた全体の予算というのは2020年度の場合は2019年の年末に閣議決定されて2020年3月に予算が成立します。

その予算案というのは翌4月から2021年3月までの12ヶ月で実際にこれぐらいの予算が歳出されるだろうと決める場です。つまり見積もりのようなものです。

全て最初に決めた予算通りには行かないので補正予算が認められております。


補正予算とはその年のイレギュラーな出来事に合わせて国の予算に補填する予算のことをいいます。


4月末には第一次補正予算が成立し、今回新型コロナ感染症対策予備費として1.5兆円が積まれました。
ただ、この1.5兆円では足りませんでした!

そこで、6月に第二次補正予算を成立させ、さらにコロナに対する予備費を積み増しました。


それがなんと10兆円!


一次補正予算、二次補正予算トータルして合計11.5兆円の予備費を積み上げてコロナで受けた経済ダメージ等を補う意味で政府が決定したのです。

これは非常に大きな金額ではありますが今回の新型コロナというのは初めてのウイルスでどのようなことが起こるかわからないので色々な事態に備えて割りにあった金額なのではないかと思います。


これに対してマスコミと野党が予備費が高過ぎると猛烈に批判したのです!!


マスコミらの言い分は新たに赤字国債を発行して国の借金を増やしてまで必要以上に予備費の予算を積み上げる必要があるのかというものでした。


これが結果的に医療崩壊を招いてしまうとは知らずに・・・


この11.5兆円の内約6.5兆円は夏頃までにすでに使っていました。
残りの5兆円をどう使い、医療従事者らの負担をどう減らすかがポイントでした。

ただ、ここで何が起きたのか・・・


予算を執行する厚労省がマスコミと野党の「予備費が高過ぎる」という猛烈な批判に屈してしまい、この5兆円の予算執行をできなかったのです!!


さらに、この厚労省の判断に日本医師会も声をあげませんでした!

日本医師会は各メディアで今コロナの危険性を煽っているかと思います。


ただ、この当時(8月頃)はコロナの感染者が減っていたこともあり油断していったのでしょう。
厚労省の保身に走った誤った判断に何も言うことはなかったのです・・・


つまり

マスコミが予備費多過ぎると政府をバッシング
⬇︎
厚労省がビビって5兆円の予算執行せず、日本医師会もそれを容認
⬇︎
全国各地へのコロナ専用病床増床が実現できず
⬇︎
医療従事者の疲弊、感染者が入院できず

⬇︎

医療崩壊


このようなサイクルとなったわけです。

 

つまり


何度も申し上げますが医療崩壊を起こした原因は紛れもなくマスコミの失態です!!

 

アメリカを見て欲しいのですが日本の人口に対する陽性者数が約100倍です。
ただ、医療崩壊はおきておりません!

日本の場合人口に対するベッド数は世界最大水準です。

にも関わらず全国各地で医療崩壊が起きている!それはコロナ病床がないからです!



5兆円をうまく使って全国の基幹病院にコロナ病床を増床していれば今医療崩壊は一切起きていません!!

 

この5兆円は3月までに使い切らなければなりません。

今緊急事態宣言に伴う飲食店の補填で一生懸命これをばら撒いております・・・

2021年1月現在第三次補正予算が審議中で、この5兆円の予算の1.85兆円の減額が決定する予定です。


夏頃に執行できなかった5兆円の予備費は結局使い切ることができなかったのです。

これで何人の患者を救うことができたのか、それをマスコミが報道することはありません。


この第三次補正予算審議では2021年度のGOTOキャンペーンの予算も審議されております。

これに対してまたしても野党とマスコミが「GOTOの予算が高過ぎる」と批判しております。


またしても政府、官僚を押さえ込み、萎縮させる動きに見えてなりません。

この予算が使われなかったら今度は医療従事者ではなく観光業、飲食店を苦しめることになるのではないでしょうか?


同じ失態は絶対に起こさせてはいけません!

結局マスコミというのは民間企業がほとんどです。

テレビだったら視聴率を稼げてなんぼ。


なのでマスコミは視聴者を煽って視聴率を稼ぐために偏向報道をする。


この構図を理解して欲しいと思います!


マスコミは自分たちの利益しか考えてないといっても過言ではありません。

医療崩壊を自分たちが引き起こした自覚はおそらく彼らにはないでしょう・・・


みなさん、偏向報道に騙されてはいけません!



是非自分で正しい情報をキャッチアップして事実に基づいた行動をして行って下さい!!





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました