スポンサーリンク

トンガ王国で起きた大噴火について 映像と共に日本への影響を含めて解説!

ニュース

皆様こんにちは。
おっくんの政治ブログでございます。

今回はトンガ王国で起きた大噴火についてお記しします!
動画にしておりますのでこちらもご覧下さい。

1月15日、南半球の小さな島国であるトンガ王国で大規模な噴火が起こりました。

この噴火は100年に1度の規模とも言われています。

今回の噴火による地球への影響、そして日本へ影響についてまとめました。

 

噴火の概要

2022年1月15日午後1時頃、トンガ王国で突如大規模な噴火が発生しました。

場所はトンガ王国内の「フンガトンガフンガハアパイ」という海底火山です。

下記に映像をお示ししますが、ものすごい規模であることがわかると思います。

 

 

下の動画は衛星から撮った映像ですが、日本に置き換えると関東地方全域に爆発が広がっている大きさです。

恐ろしいですね、、、

 

今回の噴火ですが、現状噴煙が最大30キロの高さまで昇ったと言われています。

今後の観測次第ではもう少し高いところまで上がってくる可能性もあるでしょう。

関東地方全域とほぼ同等の半径は260キロにも及びました。

 

また、火山の噴火は地震と同様に規模を数値で表す指標があります。

火山爆発指数と言いますが、そちらの数値が今回の噴火は“6”と言われています。

この数値は非常に大規模な値になります。

1991年に20世紀最大規模の噴火がフィリピンのピナトゥボ火山で発生しました。

こちらの噴火が火山爆発指数同じく”6″なので今回の噴火は21世紀最大の噴火といっても過言では無いのです。

 

今回の噴火は爆発音も凄まじく、約2300キロメートル離れているニュージーランドでも聞こえたと言うのです。

2300キロという距離は東京と台湾を結ぶ距離よりも長い距離になります。

台湾の爆発音が東京で聞こえるというのは想像もつきませんね、、、

今回の海底火山から約500キロメートル離れているフィジーでは、雷鳴に間違える市民が多くいたようです。

何れにしても今世紀最大の爆発に多くの人が驚愕したのではないかと思います。

 

噴火による津波

今回の噴火は二次災害として津波を引き起こしました。

日本にも16日にかけて一定の地域で避難指示が発出されたかと思います。

8県、22万9千人が避難の対象となり、特に太平洋側に在住している方は怖い思いをしたのではないかと思います。

幸いにして、日本は津波の影響を受けることはありませんでしたが、若干の潮位上昇が各地で散見されました。

一方で、現地のトンガでは1メートルを超える津波が襲いました。

1メートルといっても人をゆうに飲み込んでしまう高さです。

現地の方々は大きな影響がなかったのか、非常に心配です。
※1月17日23時現在死者の報告は無いようです。

 

トンガという国はオーストラリアの東、ニュージーランドの北に位置する小さな島国です。

熱帯雨林が広がる非常に暖かい気候の地域になります。

この小さな国で、ここまで大規模な噴火、そしてそれに伴う津波が起こるとは誰が予想できたでしょうか。

 

日本最大級の噴火との比較

日本でも昨年、沖縄県に位置する福徳丘ノ場という海底火山にて、戦後最大規模の噴火が発生しました。

この噴火と見比べてみても、今回の噴火がいかに大きいかがよく分かります。

福徳丘ノ場の噴火↓

トンガの噴火↓

 

如何でしょうか?

どちらも衛星から撮っている映像なので、条件は同じです。

比べてみると明らかに噴火の規模が違いますよね。

福徳丘ノ場の噴火は、白い煙がプシューッと出ているのが見えるかと思います。こちらは主に水蒸気です。

一方で、今回のトンガの噴火に関しては、火山灰が非常に多く含まれているため、煙が真っ黒であるのが特徴的です。

その影響で、噴火直後のトンガ王国は、真昼間にも関わらず街中が真っ暗になっていたようです。

火山灰が街中に降り注ぐようなことが無ければいいのですが、、、
現地の状況が気になります。

 

今回の噴火による日本への影響

今回の噴火によって、日本の気候に大きな変化をもたらし、気温を下げる可能性があるのです。

大規模な噴火に伴い、酸化硫黄や硫化水素、塩酸などがマグマと共に放出されます。

その中の酸化硫黄が水と混ざることによって“硫酸エアロゾル”という粒になり、空気中を長期間浮遊します。

この硫酸エアロゾルが空気中に浮遊し、地球上を覆っていくことで太陽の光が入ってきにくくなります。

硫酸エアロゾルが太陽光を遮り、地上に太陽の光が入ってきにくくなってしまうわけです。

その結果、気温の低下をもたらしてしまうのです。

 

先ほどお記しした20世紀最大の噴火であるフィリピンのピナトゥボ火山噴火でも同様の現象により、日本に大きな影響を与えました。

噴火によって日本の気温がグッと下がり、日本で米が十分に獲れなくなってしまったのです。

その結果、当時タイ米を輸入せざるを得ない状況が生まれてしまったのです。

今回の噴火は1991年のフィリピンと場所が異なりますので、どうなるかはまだ分かりませんが、ここまで大規模な噴火ですから同様の影響が懸念されます。

今年の夏は冷夏になり、穀物の栽培に悪影響が出る可能性を想定しておく必要があると思います。

 

今回の大噴火に関する地球、そして日本への影響は今後詳しく分かってくると思います。

引き続き新しい動きがあれば記事にしていこうと思います。

 

今回は以上となります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました